Battle Of Atopy アトピーとの戦闘日記

アトピーとの戦いを綴る

ゴールデンウィークは豊富温泉に湯治に来ました。

10連休でした。仕事には1回もでかけていません!

それなりにパソコン仕事はやってましたけどね(^^;

 

月5万円の新薬注射(デュクピセント)のおかげでアトピーの状況は一時的に良くなっています。しかし注射も未来永劫うち続けるわけにはいかない。1ヶ月で5万円だし。なにより、新薬だからどんな副作用があるか正直見えない。

ということで本質的改善が必要な状況は変わらず、日々運動したり早寝したりしながらも、GWは1週間、豊富へ温泉湯治に来ました。

この二年は3月に2週間ほど来てたのですが、いつも閑散期なはずの3月が忙しくてこられず、今年はGWとなりました。

札幌からプロペラ機で稚内へ!思ったより揺れなかった。

 

f:id:london3:20190428101056j:plain

空港から降りると利尻の美しいこと。なかなかスマホのカメラでは伝えきれませんが。

f:id:london3:20190428112856j:plain

 

宿は最近ずっと、ニュー温泉閣さんです。

f:id:london3:20190501164719p:plain

 

お部屋はこんな感じ。

f:id:london3:20190428224351j:plain

 

お料理はこんな感じです。

f:id:london3:20190428190941j:plain

 

樺太記念館

稚内市にある樺太記念館に行ってみました。

f:id:london3:20190428142234j:plain

 

目を引かれたのは国境の石のレプリカ

片面がロシアで、片面が日本ですんs.

f:id:london3:20190428143245j:plain

 

f:id:london3:20190428143330j:plain

 

温泉センター

いつもの温泉のふれあいセンターです。

f:id:london3:20190430085857j:plain

 

帰る前にジンギスカンでも

f:id:london3:20190501122931j:plain

f:id:london3:20190501121935j:plain

 

まだ、寒い季節

私は一応、スキーウェアを持ってきましたが、全然必要なしですね。

といってもまだまだ季節は寒い感じです。魚はどこやーーー

f:id:london3:20190429095453j:plain

 

新しい宿?

いろいろ新しい宿が増えているようです。

宿というかシェアハウスというか

 

ウカスイモシリ ・・・であってるよね、とても名前覚えられないけど、アイヌ語らしいです。 つながる大地? だっけか。間違ってたらごめんなさい。

f:id:london3:20190501163053j:plain

 

女性用のシェアハウスYADOもできたらしい。できたと言ってもこちらは既存の住居の転用っぽいですね。

f:id:london3:20190501162911j:plain

いろいろ泊まるところが増えるのはうれしいですが、肝心の温泉は広がりません(^^;

GWということもあって、湯治湯はかなり混んでいた印象です。

もう少しゆとりがあればいいのにね。

一般湯のほうは、割と大丈夫でした。それでもさすがGW。普段の平日よりはだいぶ混んでいたのかななあと思います。

 

それで体調は?

体調はすこぶる好調・・な気がします。デュクピセントのおかげでしょうか。

例によって、顔と頭以外は、なんかすべすべしてきた気がします。ただ、豊富にいるあいだには ゆったりとゆるんだからか、ほっぺにブツブツできちゃいました。

でもそんなに辛くない。すぐ改善するんじゃないかと期待できます。

 

それも、今回はかなり運動もできました。

6泊のうち 5泊は以下のようなスケジュールで規則的に活動できました。

むしろ足が筋肉痛なくらいです。

 

6時起床 宿の温泉へ

7時 軽くジョギング 30分

7時半 宿の温泉へ

8時 朝食

9時半 温泉センターの温泉

10時半 ヨガ

12時 昼食

12時半 昼寝

13時半 コーヒー飲みながらパソコン作業

15時半 温泉センターの温泉

16時半 温泉センターの大広間でしばし仕事

18時半 夕食

19時半 部屋でビール

20時  宿の温泉

21時 就寝

 

はじめて湯治に来たときは、少しでも長く入っていないと思って1時間とか入っていたこともあったのですが、むしろ疲れて良くない結果に。

最近は、15−20分ですぐでて、活動して、一息入れるときに、再度温泉というスタイルを取っています。

 

地元に戻っても規則的なライフスタイルを継続できたら、さらなる改善に向かうのかなあと期待しています。