Battle Of Atopy アトピーとの戦闘日記

アトピーとの戦いを綴る

ステロイドを止めるときはスパッと止めた方がいいのか?〜好転反応って言葉は嫌いです。

ステロイドは絶対使わない!という派と、酷い時は適切に使ったらいいんだよ派!の対立が激しい(^^; ので、ステロイドってやっぱり悩みますよね。

 

もちろん、何も考えずにステロイドを出し続けるだけの皮膚科は論外ですが。

 

10年使ったステロイドをやめたものの、リバウンドがつらくて挫折しそうです。

免疫相談室:アトピー性皮膚炎 - 医学博士 安保徹オフィシャルサイト

 

アトピーマニュアル(ステロイドの正しい知識)

 

特に、薬をやめたりして悪化することを好転反応っていい方するのは、ちょっといつも違和感があります。確かに一旦、悪いものを出してるケースもあるでしょうが、単純に悪化しているだけのケースもあります。好転反応といって我慢するのは、ちょっと不安ですよね。とくに根拠が見えてない時は。

(すぐ、好転反応好転反応という人はあんまり信用出来ないですね)

 

ーーー

わたしはこの2年間ステロイドを使い続けていました。その前はそんなにひどくなかったので、たまに調子悪い時だけ薬をもらっていました。それはそれで効きました。

でも多くの人と同じで、長期間ひどい状態が続いて使いづけるとやはり効果は薄れ、薬のレベルが強くなるだけになります。

なので、今回の温泉湯治では、来ている間だけは、

ノンステロイド、ノンアルコール、ノンスイーツを通そうしました。

 

ここ数年で、1週間以上もステロイド使わないのは初めてなので、不安でしたが、やっぱり、ひどくなりました。湯あたりで体調が悪い頃はさらに最低でした。

 

最初の4−5日はとってもひどくてつらかったですが、つぎの2日くらいはぼちぼち。またちょっとわるくなったりと小康状態になってきました。

 

感じたことは、やっぱりステロイドが症状を抑えこんではいるんだなあということです。もちろん、ヤメれるものなら、このままスパットやめたい。でもひどい状態だと仕事がやれなくなる恐れもあるので、一旦、ステロイドを低いレベルで使って、徐々に減らしていくことにしたいと思います。

 

1か0でステロイド使った期間だけ、治りが遅くなるという意見があるのも知っています。QOLを下げてでも頑張るか、ぼちぼちやっていくか。。。

 

仕事をやっていくいく上ではぼちぼちやっていくしかないかなと思います。

 

今回で改めて、自分はこのままではダメなんだと感じることができました。

それが一番の成果です。

 

出来る限り朝夕は自炊化して、野菜中心の生活を続けることを目標に、ステロイドはちょいちょいつかって徐々に減らす・・3ヶ月から半年くらいでゼロにするのを目標にやっていきたいと思います。